ID:307

見た目はヨーロッパ、紅茶とスイーツが美味しい町コルカタ。昔はカルカッタと申しました!

2023年11月10日 19時14分
803
インド
見た目はヨーロッパ、紅茶とスイーツが美味しい町コルカタ。昔はカルカッタと申しました!

■コルカタ市内観光

https://tabi-choku.com/plan/detail/795/

 
写真を見てここは何処だろうと悩んだ方も多いのではないでしょうか?
丸いドーム屋根があって、四隅の尖塔は堅牢であってもどこかイスラム風で、
細かい装飾はインド・サラセン様式の白亜の殿堂です。
これが当時インド皇帝でもあった、イギリスのヴィクトリア女王を記念し、
1905年〜1921年に建てられたヴィクトリア記念堂です。
大理石はタージ・マハルと同じマクラナ大理石を用いており、
「日の沈むことのない」と言われた大英帝国の威光を残しております。
その他にもセントポール寺院やインド博物館など
インドとは見えないヨーロピアンな建物をご覧いただけます。
 
 
現在の首都はデリーですが、その前の首都はカルカッタでした。
1690年にイギリス東インド会社が拠点を置いたことから発展が始まりました。
1911年(明治44年)までのインドの首都でしたので、
戦前の親父ギャグでは「荷物を運んだらカルカッタ」が常識でした。
1980年代にはエアインチョコレートの明治カルカッタチョコレートが人気でした。
現在は売っていません。カルカッタという名前からベンガル語のコルカタになったのは2000年です。
なんか、肩が凝りそうですね(失笑)…
 
 
コルカタはインドの東端にあり、バングラデシュはすぐそばになります。
人口1450万人、そのうち2割がスラムに住むという激貧都市のため、
ドミニク・ラピエールの著書「歓喜の街カルカッタ」に倣って、コルコタを歓喜の街と揶揄する人もいるようです。
しかし、その時代も去り、今や地下鉄も集合住宅、ショッピングモールも出来て
大きく街の様子は変わってきました。
英国領だったことから紅茶とスイーツはとても美味しく、お安い価格でロンドンの味を楽しめます。
 
 
 
 
さて、最近のたびチョクにお問合せが多いのはエジプトとインドです。
これからがベストシーズンですし、やはり自分独りで街歩きするには不便ですし、
治安も心配ですからガイド同行の御希望が多いのも大いに頷けます。
パッケージ旅行ではなかなか良いものが見当たらない場合は
どうぞ個人旅行でインド旅行のお問合せをお送りください。
 
 
 
着いたらお食事が違うことからお腹が痛くなることもありますし、
公衆トイレに数百人が並んでいることもあります。
習慣や環境が日本とは大きく異なります。
たびチョクでは現地滞在中も
現地パートナーと日本語メールのやり取りが出来ますので安心してお出かけできます。
インドのお問合せをお待ちしています。
 
 
▶インドの旅コンテンツはこちら
 
皆様のご旅行を、現地の専門家が親切丁寧にアドバイスしますのでご連絡をお待ちしています!
PICK UP!
こだわり検索